スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ウラヤマ革命団 南高尾ナイトハイク

 04,2012 12:36
秋の夜長、すっかり涼しくなった高尾山へ。



ピークスなどの雑誌でもおなじみの


アウトドア・道具マニアの森勝さんが主催する、


「東京ウラヤマ革命団」の高尾山ナイトハイクイベントに


参加してきました。


「東京ウラヤマ革命団」とは、東京の裏山の謎のスポットを


探検する、「ヒマラヤよりウラヤマなのだ」というセリフを掲げている集団。


たとえば、言わずと知れた東京の人気アウトドアスポット、高尾山の


メインルートは通らずに、南や北のウラヤマを巡り、


気になるものを発見したら、道を自分たちで切り開き進んでゆく、


なんとも健全な大人の遊びです。





私たちは2回目の参加。


初のナイトハイクなので、わくわく。





15時からWILD-1多摩ニュータウン店で行われた


初心者講習に参加し、場所を橋本に移してナイトハイクへ。





橋本駅からバスに3、40分ほど揺られ、青少年センター入り口まで行き、


そこから探検のスタートです。



今回の探検ルート
toukyouurayama1-1.jpg


17:40青少年センター入り口バス停 → 大地沢青少年センター → 18:30ころ 草戸峠、草戸山
→ 19:00頃 奥の院 → 19:30頃 姿三四郎決闘の地(休憩)
→ 20:30頃 三沢峠 → 21:20頃 謎のブルーシート場 → 22:10 高尾山登山口駅


コースタイム、覚えていません、だいたいこんな感じ。









17:30青少年センター入り口バス停。


ここに着いたときはあたりはもう真っ暗。


寒かったので(14度くらい)私はインナーダウンを着込み、


山道を目指します。






ヘッドライトを身につけ、ハイキングの格好をした怪しげな人たちが、


民家の間を歩いて森へ向かっています。

toukyouurayama1-2.jpg




しばらくすると、立派な建物のある青少年センターに到着。


尾瀬のような木道があります。




その脇にはちょっとわかりにくいですが、


蛍の養殖場があり、夏の夜にはホタルが鑑賞できるようになっています。






この寒い中で、どこかのボーイスカウトの人たちが


バーベキュー?をしていました。





キャンプ地を横目にいよいよ山道へ。
 

真っ暗闇の中、遠くにかすかに聞こえる車の音。


ヘッドライトの明かりを頼りに進んで行きます。





森のシルエットが美しい。

toukyouurayama1-5.jpg




ちなみに道具マニアの森勝さんのヘッドライト、


ペツルのティカ2コアというもので
toukyouurayama-6.jpg

充電池をUSBにつないで充電できるすぐれもの。


残電池のパーセンテージも、パソコンにつなげると


確認できるそうです。





18:30頃 草戸峠を通り草戸山に到着。
toukyouurayama1-4.jpg



ここからはアップダウンの道を繰り返し、


城山湖を東に見ながら南下します。




本日最初の目的地、夜景のキレイなスポットに到着。


姿三四郎の石碑の手前です。

toukyouurayama1-7.jpg

手前には津久井湖、奥に相模原の町。

道志道を走る車の明かりも見えます。

六甲山の光にも負けず劣らず。





19:30頃 
姿三四郎決闘の場に到着。
ここでコーヒーを飲み軽食をとりつつ、休憩です。

toukyouurayama1-8.jpg




森勝さんがいろいろな道具の話をしてくれます。

toukyouurayama1-11.jpg

森勝さん愛用のかわいいギアホリックの限定クリーンカンティーン。

toukyouurayama1-9.jpg

今はもう売ってません。





休憩を終え、今度は北上し高尾山口を目指します。



すっかりできあがった森勝さん、ガイドなのに


道を間違えそうになりながら進みます。





すべらない道を選ぶ方法や、北斜面の道の特徴の話、マムートのザックを持っている人の特徴など


などなど、森勝さんのお話はおもしろい。






次は謎のビニールシート・スポットを見に行くということで、


メインの道から少しはずれた、地図にない道を進みます。



toukyouurayama1-10.jpg

よっぱらいさんの背負っている、おしゃれなパーゴワークスのザック


パッキングはすでに変形しています。





そして道のような道でないような道を進み、


謎のブルーシート場に。この時点でもう21:00すぎ・・・

toukyouurayama1-12.jpg

こんな山の中に、だれかが木材などで作業をしている痕跡があるのです。


しかも、森勝さんは何度か訪れているそうですが、


確実に木材やバケツなどの位置も変わっているそうで。




素敵なツリーハウスなどを作っていてくれていることを望みます。





さらにその奥に・・・


恐怖の祭壇がある場所に連れて行ってくれましたが


こわすぎるため、写真は撮っていません。









肝試しのようなナイトハイクが終わり、下山していると


ふもとの手前で千と千尋の舞台のような「うかい 竹亭」という料亭が出現。

toukyouurayama1-13.jpg


森の中に突然現れるので、ミステリー小説のような雰囲気も漂っています。




無事にふもとに下りたのは22:00前。



それから道路わきを歩き、高尾山登山口駅まで向かいます。

toukyouurayama1-15.jpg



途中、森勝さんのネタ話が長くなり、寄り道もしつつ、


最後にはうだうだ22:00になり、しかしいろんな楽しいスポットを巡れた、


素敵なナイトピクニックでした。




ちなみに森勝さんのオシャレバックパックはこちら

toukyouurayama1-14.jpg

パーゴワークス カーゴ35
いわずと知れた、自由なパッキング、サイズが可能な、斬新的なザック。


画像お借りいたしました。
スポンサーサイト

Comment - 2

2012.11.05
Mon
09:30

ジャンボパパ #-

URL

No title

こんにちは^^

色々な遊び、イベントがあるんですね~(笑)

とても勉強になります!

夜景もきれいですね~

最近…かれこれ1年は山登り行ってないな…

編集 | 返信 | 
2012.11.05
Mon
12:44

Ume #AgJALSRc

URL

Re:ジャンボパパさん

異色の遊びです(><)

東京は低いお山ばかりですが、

隠された魅力がたくさんありそうで、

ぜひ東京の低山にも遊びにきてください★

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。