スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムササビの夜

 27,2012 22:39
1週間前になりますが、


ワイルドフィールズおじか(WILD-1経営の日光のキャンプ場)


で行われた、「ムササビの夜」というイベントに参加してきました。




15年の時を経て復活した、テントマークの「ムササビウィング


のお祝いキャンプ・イベントで、みんなでまったり過ごしましょう、


という感じのイベントでした。





わが家のムササビ


musasabi1.jpg


こちらは"焚き火"versionで、16,800円のもの。

ポリエステル、コットンの混合布でできており、

タープの下で焚火ができちゃいます。





朝、5:30に出発し、東北道を通って那須まで行きます。


那須塩原ICを降りて1時間ほど走った山の中(標高だいたい900mくらい)


に今回のキャンプ場、ワイルドフィールズおじかはあります。


なんとか渋滞にも巻き込まれず、8:30には到着。





森林に囲まれた、美しいキャンプ場

musasabi2.jpg




中央には池があり、カヌーができます。

musasabi3.jpg

紅葉も見ごろでした。





トイレもとても清潔。

musasabi5.jpg




受付を済ませ、設営に入ります

musasabi4.jpg

こちらがWILD-1と書かれた立派な管理棟。








駐車場からキャンプサイトまでは、リアカーを借りて荷物を運びます。

musasabi6.jpg








今回は100名ほどの限定イベントで、自動的にサイトを割り当てられましたが


湖畔の素敵なサイトになりました。

musasabi7.jpg





サイトは湖畔の低地と、少し上がった部分がある、

おもしろい地形をしていたので、どのようにテントを構築するか悩んでいます。

musasabi8.jpg




それにしても紅葉が美しかったです。

musasabi9.jpg





今回はムササビウイングの下に双子のMSRハバHP(寝床)と

musasabi10.jpg





愛用のアルパカストーブを置くシェルターに、シャングリラ6を設営。


musasabi11.jpg





だいたいこんなサイトに。

musasabi12.jpg





そして、朝10時から開会式がはじまり、

ムササビの夜イベントがスタート。

ムササビウイングの開発者でもある、キャンパー憧れの堀田氏も登場です。





開会式が終わって早々、人々は今回のイベントのひとつである

フリーマーケットコーナーに群がり、100人弱のイベントは異様なまでの盛り上がりを見せます。





ダンナさまはMOSSのパラウイングを5,000円という破格で購入していました。

こういうの見つけるのがホント得意です。




メーカーブースも数店舗、出店しており

今回はレアなことに、クレッタルムーセンとアクシーズクインが出店。

musasabi14.jpg





ここで魂の声が聞こえました・・・


なんと、廃盤のシェルジャケット、しかもぴったりレディースサイズが

88,000円 → 35,000円で登場。




悩んだ末、購入することに。



しかし、こんな買い物をするだなんて思っていなかったので

現金の持ち合わせがなく・・・





車を30分会津まで走らせ、最寄のコンビニにお金を下ろしに行くことに。


いきなりこんな素敵な買い物をするとは思っておらず・・・






まさか、買えるとは思っていなかった、クレッタルムーセンのジャケットを購入です。


FxCam_1351341304829.jpg

素敵過ぎます。




2につづく
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。