スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父 両神山

 24,2013 20:42
梅雨の合間、つかのまのチャンスを狙って、


6月23日、埼玉・秩父の両神山へ行ってきました♪


photo by A氏


今回はダンナと、その友人との3人で参戦。



雨の日と雨の日の間を縫うように出かけたので、


お天気が心配・・・


今回はトレーニングということで、


標高差1000m強の日向大谷口から上るコースに決定です!





両神山のもうひとつの有名なコースと言えば、八丁峠コース。


こちらの標高差は500メートルほどと、
日向大谷口より少ないものの、


鎖場が2、30ヶ所あると言われているハードなルートです。


前日雨が降ったので、ルートのコンディションも心配。


まだまだ岩山を登る技術も少ないですし、
今回は標高差1000メートル以上の日向大谷口ルートを選びました。




コースタイム

6:30日向大谷口 (650m) → 8:30清滝山荘 → 9:00両神神社 → 10:00 山頂 (1723m) → 10:30下山スタート → 12:00 日向大谷口


今回は都内から早朝、車で出たのですが、なんともアクセスが


険しかったです…秩父の山の深いことといったら。
秩父をちょっと甘く見ていました。


なかなか日向大谷口まで到着せず、
結局6時過ぎの到着。



登山口近くの旅館(ふたかみ荘)より下の、駐車場に車を停めます。

DSCN1276.jpg


12113.jpg

私たちが停めた駐車場の、二つ上の駐車場に旅館があり、

男女の壁のないトイレがありました。


DSCN1282.jpg


DSCN1278.jpg

アスファルトを歩き、登山口の看板が。

DSCN1279.jpg


DSCN1280.jpg


さあ、梅雨の合間のなんとかお天気が持ちそうな日、


足元の土が湿ってぐずぐずですが、


滑らないように気を付けて登りましょう!








今日は新しい靴の慣らしのためのトレーニングでもあります。



先日のセールで買ったガルモントのダコタライトです。

DSCN1290.jpg


無雪季の岩場の多い山や、


雪の中で、軽アイゼンやスノーシューを着けられる靴が欲しくて購入。


しかし私の足、どうやら横幅が広いようで、
海外メーカーの靴があまり合わず。
足の縦のサイズに合わせると、足の小指の横が当たってしまうのです。
今度は縦長にすると、足の横幅は合うのですが縦が長くなりすぎて足に合わない。


ただ、他に欲しいデザインもなく、色んな靴も履きましたがダコタライトがどうしても良かったので…


店員さんの提案により、中敷きを元からあったものと、
お店にあるいちばん薄いものに交換してもらい、


SIDASのインソールが一番薄かったようです。


ついに、ダコタライトの6のサイズでぴったりきました!
(悩んでいたほうの小さい方のサイズ)

縦の長さもオーケー。
やっぱり縦が大きすぎると、ずれてきて歩きにくいですもんね。


そんなこんなで足に合わせた靴をゲットしたのですが、


履き慣らしの日はあまり山道のコンディションがよろしくない日になりました…



DSCN1292.jpg







さて、この両神山、日本の神話に登場する、イザナギとイザナミが祀られていることでも有名。



立派な鳥居が早速お出迎えです。

DSCN1289.jpg



途中、守り神でもある石像もたくさんあり、

DSCN1301.jpg


どのようにしてこんな重そうな石を、
このような山深い土地に運んできたのかも、謎です。


昔の人はすごいなあ。




しばらくは起伏がなだらかな山道を進みます。


photo by A氏

ちょっとカオを出した太陽に、緑が照らされてとても綺麗です。








この日向大谷口ルート、


途中で何度か沢を渡ります。
photo by A氏


雨の降った次の日など、増水して通れないこともあるようですが、


今日は大丈夫そう。

DSCN1293.jpg



足元に気を付けて、岩の上を渡ります。


ソールがしっかりとしているダコタライトは、


こういった岩場も滑りにくく、渡りやすいように思われました。


足元はこんな感じ。
川はふだんはこのように浅くて流れも穏やかなようです。

DSCN1302.jpg


コケむした表情の景色も、とても綺麗でした。

DSCN1298.jpg

DSCN1306.jpg

DSCN1304.jpg










DSCN1309.jpg



いくつかの沢を渡り、比較的なだらかな道を進むと



40分ほどで七滝沢コースとの分岐に出ます。



清滝小屋コースをそのまま選択です。


DSCN1303.jpg

足元はこんな感じで、すこしずつ岩が増えてきました。

雨が降ったあとなので、岩で滑らないように気をつけて。



緑が美しく、有名なヤシオツツジはすでに終わっていましたが、


今日はお天気も曇り、この季節では比較的涼しい登山を楽しむことができました。


しかし、登っている最中は半袖で十分です。










しばらく進むと、沢渡りもなくなり、今度は登りの連続でした…DSCN1313.jpg



なだらかな登りがあったり、がっつりとした坂道があったり。




やはりここは岩山らしく、木の根はなかなか地に埋まらないようで、


このように処々で飛び出ています。

DSCN1314.jpg


そんな木の根が邪魔な通り道や、


たまにしっかりとした木の根を上手く使って登っていきます。




登って登って登って…







もうすぐで清滝小屋です。


その小屋の手前に「弘法の井戸」があります。

DSCN1316.jpg


もちろん、飲めます!おなかの弱い私もあとでおなかを壊しませんでしたよ…

photo by A氏

甘くておいしいお水でした…







会所からひたすら、


一時間ほどは登ったでしょうか…


なんだかしっかり、登った気がします。


8:30、素敵なログハウス風の清滝小屋に到着しました。

DSCN1317.jpg

実はこの前半戦2時間の登りが、傾斜も登りの連続も

いちばんきつかった気がしました 



さすがにがっつりと登っていたので、水分もたくさん補給して、トイレに行きたくなりました…


ペーパー付きのとてもキレイな水洗トイレです。



ただ、山小屋は営業していませんでした。


photo by A氏

ひとやすみです…



さて、小休止のあと、山頂を目指して登ります。




ここからも登り、のぼりですよ~








また登りを繰返し、稜線に出ました。


DSCN1321.jpg

頂上まであと1.4km!


晴れた日はここから山頂が見えるようですが、今日はあいにくの曇天…


DSCN1322.jpg






ここからも登りの連続で、途中、2、3ヶ所の鎖場とロープがありました。

DSCN1330.jpg

DSCN1342.jpg


DSCN1327.jpg


足場はしっかりとしているので、足をしっかりと踏み込み、


登っていけば問題はありません。






標高が上がれば上がるほど、霧が深くなってきました。

DSCN1333.jpg



両神神社に到着。

DSCN1335.jpg


哀愁ただよう狛犬?さん。

DSCN1334.jpg



この神社の先は、


稜線沿いに比較的歩きやすい道が続きます。


ここまで来るときつい登りの連続は、あまりありませんでした。


霧の中の尾根道をすすんでいきます。

DSCN1341.jpg


もう、山頂も近いので、気分も心も軽やかです♪

お天気が悪いのもなんのその!








最後の岩場登りがあったのには、少しびっくりしましたが…






ここもそこまで難しい岩場でもなく、



足場をしっかりと確保して登っていきます。



そしてついに!

10:00には山頂に到着しました



photo by A氏

登りは3時間半ほど、トレーニングにはちょうど良い長さでした。



景色はまずなにも見えません…




ただ、この山頂に着いたときのテンションの上がりっぷりはいつもなんなのかと思います…





今日は焼き鳥入りのおにぎりを持ってきました!



写真がないです 汗




ここはとっても狭い山頂で、崖の上に切り立つように佇んでいます。

何人かの人でいっぱいになってしまいますね…







このときは他に10名ほど山頂にいたでしょうか。

少し休憩をしたら寒くなってきたので下山スタートです。


photo by A氏




おろしたての靴は下山をするのがなかなかむずかしく…


靴底がしっかりしている靴を初めて履いたので、


足の裏で何を踏んでいるのかの感覚がわかりません。


なので、下りで小さな岩を踏んで滑ったり、


湿った岩の上でこけてしまいました。





幸い、怪我はありませんでしたが、慎重になり下って



ひとりだけ日向登山口への到着が13:00に。



下山にながーいながーい2時間半要してしまいました。





今日の反省点


雨が降ったあとの山は、やはり処々ですべりやすく


なっているので、私みたいに初心者へたっぴな人は、


慎重に歩くことが滑落事故などを防ぐためにもとても大事だなと思いました。





おろしたてのガルモントのダコタライトは、


岩登りや沢渡りでしっかりとした安定感を示してくれて、


登りはとても快適でした。(少し重いけど)





両神山の日向大谷コースは、標高差1000m以上を3時間半ほどで登る、


がっつりとしたトレーニング向けのコースだなと思いましたが、


景色の変化もあり、沢あり、岩登りあり、稜線ありと飽きないコースでした。


両神山の背景もあり、神話的な石仏など見ものもたくさんありました。




楽しかったです。
スポンサーサイト

Comment - 10

2013.06.26
Wed
16:06

koba* #-

URL

触発されました

umeちゃんさん!(^o^)/

順調に歩いてますね

新しい靴もいい感じで、順調にシェイクダウン(*'-')b OK!

よし、ボクもお山に行こう(^^)ニコ

編集 | 返信 | 
2013.06.26
Wed
20:44

umeチャン #D26qzCmU

URL

Re: 触発されました

Koba*さん(^-^)/

もぜひお山に登りましょう!

きっと新潟もすてきなお山がたくさん…

うらやましすぎます~(>_<)

編集 | 返信 | 
2013.06.27
Thu
15:01

yamatoumi #-

URL

両神山、行かれたんですね♪
標高差1000m登れるのは初心者じゃないですよ~!すごいですよ♪
ガルモント♪ステキな靴ですね。お似合いです(*^_^*)
『足の裏で何を踏んでいるのかの感覚がわかりません』←わかります(笑)
私もオールレザーで縦走用の重めの靴をはいているので、足裏も堅いし、最初は靴が重くて、
辛い登りの時、歩幅10cmぐらいでした(笑)
『何この歩幅っ?』って感じで、進んでるのか?分かんないぐらいでしたが、はいてるうちに慣れてきて、
最近では逆に安定感がある重めの靴を好むようになったような気がします(笑)

怪我させずに下山できてよかったですね♪
またブログ楽しみにしています(*^_^*)

編集 | 返信 | 
2013.06.28
Fri
07:45

umeチャン #D26qzCmU

URL

Re: タイトルなし

まだまだトレーニングも出来てないですし、
技術もない初心者ですが(^^;

やっとしっかり登山靴を買いまして♪

やっぱり何を踏んでるのか感覚がよくわからないですよね 笑
そして歩幅10センチ!今は安定感のある靴がなじんだようで、
よかったですねー(^-^)

何よりも合わない靴を履いて怪我をしたりするのは避けたいですよね★
この靴の重さに慣れるよう、頑張ってお山行きます!

編集 | 返信 | 
2013.06.28
Fri
15:50

ジャンボ・P #-

URL

こんにちは^^

お山いいですね~
毎回レポ見るたびに行きたくなるんですが…
一緒に行く人たちが…出産だの転勤だので…
なかなか行けません~

落ち着いたらそのうち登りに行こうかと…
自分も登山靴が欲しいです^^

編集 | 返信 | 
2013.06.28
Fri
18:24

たまねぎ #-

URL

umeチャンさん、こんにちは!

両神山行かれたのですね〜!
山仲間から、トレーニングになるから登った方がいいと言われている山ですが、まだ実現できていないので、とっても参考になりました(≧∇≦)やっぱり楽しそうです!

登山靴、素敵ですね!!

編集 | 返信 | 
2013.06.28
Fri
21:52

505 #bk1ZcCmA

URL

こんばんは~♪

標高差1000m!!!凄い☆
それを聞いただけでも、フクラハギが痛くなりそうです^_^;
靴のレポも♪、、、なるほど~~~
じつは本日こちら茨城、つくば市の好日山荘が新装オープンしたんで
仕事帰りにチョビッとお邪魔してて♪数あるシューズもガン見してました(*^^)v
そこでやっぱ、こうしてレポを見せて頂くと、アイテムに関しても
ショップの説明より本当にリアルですよね~!(^^)!
これからも勉強させて下さいね~(^^)/

編集 | 返信 | 
2013.06.28
Fri
21:58

umeチャン #-

URL

Re: タイトルなし

ジャンボ・Pさん(^-^)/

は今はDIYやらハンドメイドやらにはまって
いらっしゃってとても楽しそうでうらやましいです~♪

私はお山やらなんやらで遊んでばかりで…
おうちのことも少しはやらないと、
ダンナに怒られます(^-^;

編集 | 返信 | 
2013.06.28
Fri
22:06

umeチャン #-

URL

Re: タイトルなし

たまねぎさん、こんにちは♪

両神山、トレーニングにもなるし景色の変化やら
ルートの変化やらがあってなかなか楽しめるお山でしたあ(^-^)v

たまねぎさんこそ、いつもがっつり登山をしてらして…
憧れちゃいます(*^^*)

靴がもっともっと足に馴染むように…お山へ行きまーす★

編集 | 返信 | 
2013.06.28
Fri
22:14

umeチャン #-

URL

Re: タイトルなし

505さんこんにちは~★

その後3日間くらい筋肉痛でしたあ(^-^;
この筋肉痛でほんとに筋肉が着くとよいのですが♪

つくばに好日山荘ができたんですね(^-^)/
505さんも気になる靴が見つかりました~?!
私もみなさんのレポをよく見ます、見ます!
それを参考にあとは直感で何を買うか決めます!

これからも初心者なりの道具レポ書いていきたいです~

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。